airCloset(エアークローゼット)とEDIST.CLOSET(エディストクローゼット)を比較ブログ記事

エアークローゼットエディストクローゼット

どちらも女性に人気のファッションレンタルサービスです。

 

  • エアークローゼットはプロのスタイリストが自分のためだけに洋服を選びコーディネートしてくれる
  • エディストクローゼットはプロがコーディネートした洋服セットから好きなコーデを選ぶ

という大きな違いがあります。

hana
実は私、どちらのサービスも好きで同時に利用中。
でも、近いうちにはどちらか一方にしたいんだよね・・

 

そのためにも

  • エアークローゼットとエディストクローゼットの色々を比較
  • 両社のサービスはどんな人に向いている?

を中心に考えてみました。

同じようにどちらかしようか迷っている方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事のもくじ
  1. エアークローゼットとエディストクローゼットの値段を比較。どっちがお得?
  2. エアクロとエディクロの配送業者を比較。どっちが便利?
  3. エアークローゼットとエディストクローゼットの洋服を比較。どちらが好き?
  4. エアークローゼットとエディストクローゼットのブランドを比較
  5. airClosetとEDIST.CLOSETの取り扱いサイズを比較
  6. エアークローゼットとエディストクローゼットのレンタルできるアイテムの比較。どっちが便利?
  7. エアークローゼットとエディストクローゼットの共通点と違う点
  8. 40代にはエアークローゼットとエディストクローゼットどちらがおすすめ?
  9. 最終的にエアークローゼットとエディストクローゼットどっちがおすすめ?どっちが向いてる?
  10. 【まとめ】エアークローゼットとエディストクローゼットを徹底比較

エアークローゼットとエディストクローゼットの値段を比較。どっちがお得?

hana
まずはみんな気になるお金の問題!
料金プランからチェックしていきましょう

 

いくら素晴らしいサービスであっても、「いやいや、高いでしょ!」と感じたら元も子もないですからね。

では、行ってみましょう。

※すべて税別です

一番人気のプラン同士で比較

表が見切れている場合は左にスクロールしてください

エアークローゼット エディストクローゼット
9800円 月額 8600円
300円/1回 送料 無料
3着 枚数 4着
無制限 交換回数 月に1回
1か月 契約月数 3か月

それぞれのサービスで一番人気のプラン同士で比べてみました。

エアークローゼットの方が優れている点と残念な点

  • 借り放題
  • 1か月契約なのですぐに辞めてもいい
  • 送料がかかる

エディストクローゼットの方が優れている点と残念な点

  • 値段だけ見ればエディストクローゼットの方が安い
  • エディストクローゼットはレンタルできるのは月に4着のみ
  • 3か月契約なので途中で解約不可

hana
実際に私はどちらのサービスもこの一番人気のプランを利用してるの

 

単純に借りることができる枚数を考えると、エアークローゼットのレギュラープランの方がお得・・ということになるかもしれません。

ただ、エアークローゼットの場合、送料も絡んでくるので単純に「エアクロの方がお得」とは言うことはできませんね。

一番安いプラン同士で比較

表が見切れている場合は左にスクロールしてください

エアークローゼット エディストクローゼット
6800円 月額 7600円
300円/1回 送料 無料
3着 枚数 4着
月1回 交換回数 月1回
1か月 契約月数 12か月

一番お安いプラン同士で比べてみました。

エアークローゼットの方が優れている点と残念な点

  • 1か月契約なのですぐに辞めてもいい
  • 値段はこちらの方が安い
  • 届いた洋服が気に入らなくてもすぐに返却できない

エディストクローゼットの方が優れている点と残念な点

  • エディストクローゼットはレンタルできるのは月に4着のみ
  • 12か月契約なので途中で解約不可
  • 1年は長すぎる・・

hana
正直、私はこのどちらのプランもあんまり選びたくないんだよね・・

 

エアークローゼットはスタイリストに洋服を選んでもらうので、たまに全然好きじゃない洋服が届くこともあります。

でも、この6,800円のプランだとすぐに返却して新しい洋服を送ってもらうことはできません。

これって、結構重要なところ。

 

対して、エディストクローゼットは、12か月契約というのが長すぎる・・。

確実に「絶対続ける」と確信や事情があるのならお得で良いプランだと思いますが、私は選びません。

 

hana
実は!2019年10月~エディクロの料金は値上がりしてるんです!!(上記は値上がり後の価格)

 

料金や値段で言えばどちらがお得?

これに関しては、両社のサービスはシステムや内容が全然違うので単純に比べるのは難しいと思います。

システムが似ているエアークローゼットとアールカワイイであれば比べやすいんですけどね。

 

実際、どちらがお得なのかは、利用者の使い方や洋服の趣味などによっても変わってくると思うので、料金だけで判断するのは難しいので続けて他の比較をみていきましょう。

 

料金に関しては、両社ともお得になる割引コードや、お得なキャンペーンがありますので「始めてみようかな」と思っている方は前もって絶対チェックしておいてくださいね。

エアクロとエディクロの配送業者を比較。どっちが便利?

この『配送』というのは、ファッションレンタルサービスを使う上でかなり重要なポイントだと私は断言します。

『BOXを受け取る時、返却する時にスムーズにできるかどうか』は、快適なファッションレンタルライフを送るためには大事なことなので、ここも詳しく見ていきましょう。

 

エアクロはクロネコ/エディクロは佐川急便とヤマト運輸

表が見切れている場合は左にスクロールしてください

エアークローゼット アールカワイイ
ヤマト運輸 佐川急便/ヤマト運輸
  • エアークローゼットは受け取りも返送もクロネコヤマト
  • エディストクローゼットは受け取りはクロネコヤマトか佐川急便、返送はクロネコヤマト

hana
配送に関しては、私の場合、両社の便利さに違いは特に感じなかったかな

 

  • クロネコヤマトはクロネコメンバーズ
  • 佐川急便はWEBトータルサポート

にそれぞれ登録しておくと届けてもらう時間帯などを変更することもできるので便利です。

 

それぞれコンビニから返却手続きは出来る?

エアークローゼットもエディストクローゼットもコンビニから返却手続きができます

私は基本的に返却は集荷に来てもらうのですが、コンビニで返却の手続きをしたい人も多いと思うので、ここは外せないポイントですよね。

 

さらに2019年10月~エアークローゼットの返却方法が大きく変わりさらに便利に。

hana
配送にコンビニを利用したい人にとってトータルで見ればエアークローゼットの方がより便利かも!

 

エアークローゼットとエディストクローゼットの洋服を比較。どちらが好き?

では、次は「ファッションレンタルは、一体どんな洋服が届くの?」「本当に使える洋服が届くの?」と言った問題に迫っていきましょう。

両者のサービスから届いた洋服を何枚かピックアップしてご紹介していきます。

 

エアクロから届いた洋服

スライドショーには JavaScript が必要です。

エディストクローゼットから届いた洋服

スライドショーには JavaScript が必要です。

エアクロは選んでもらう、エディクロは自分で選ぶ

最初にもお伝えしましたが

  • エアークローゼットはプロのスタイリストが自分のためだけに洋服を選びコーディネートしてくれる
  • エディストクローゼットはプロがコーディネートした洋服セットから好きなコーデを選ぶ

という大きな違いがあります。

hana
選んでもらうのも選ぶのも、どちらもそれぞれの良さがあるからこそ迷っちゃうんだよね

 

また、エディストクローゼットは自分で1枚ずつ全部選べるカスタムセットという便利なセットもあります。

 

私はエアークローゼットでも落ち着いた洋服を希望しているので、写真で比べてもそれほど系統の違いをあまり感じないかもしれませんが、それぞれのサービスの特徴をふまえて、それぞれのサービスはこんな人におすすめします。

  • エアークローゼットはトレンドも意識しつつ幅広い洋服に挑戦した人
  • エディストクローゼットはトレンドは程ほどに公私ともに活用したい人

hana
私ももっとエアクロで挑戦したい気持ちもあるけど、やはり安定が大事

tomo
ファッションレンタルにも利用者の性格が出るのね、なるほど・・

 

エアークローゼットとエディストクローゼットのブランドを比較

洋服のブランドは、それぞれのサービスの系統を知るうえでとっても大切なこと!ですよね。

両社の取り扱いブランドについてお話していきます。

 

エアクロとエディクロの洋服ブランド

表が見切れている場合は左にスクロールしてください

エアークローゼット エディストクローゼット
  • abiye
  • DRWCYS
  • CLEAR IMPRESSION
  • DONA-MARIE
  • C DE C
  • Twenty three
  • Sewing Labo
  • flos
  • すべてオリジナルブランド

 

特筆すべき点はエディストクローゼットはオリジナルブランドということですね。

オリジナルブランドのオリジナルデザインの洋服なので、エディストクローゼットでしか楽しむことができない洋服が揃っています。

hana
趣味によっても変わるけど、エディストクローゼットの洋服はどこのサービスやお店でも絶対出会えない独自のブランドというのはエディクロの強みだと思う!

 

ブランドについては別のページでくわしくまとめてありますので併せて読んでみてください。

 

 

airClosetとEDIST.CLOSETの取り扱いサイズを比較

大事な洋服のサイズについても見ていきましょう。

両社の取り扱いサイズには違いがありますのでこの項目もぜひチェックしてみてください。

エアクロとエディクロの対応サイズ

表が見切れている場合は左にスクロールしてください

エアークローゼット エディストクローゼット
7号/S/36~11号/L/40 S~M

単純にサイズ展開だけを見れば、エアークローゼットの方が幅広く用意されていますね。

詳しくみていくと決定的な違いがあるので、そちらもみていきましょう。

 

エアークローゼットは独自のエアクロサイズで対応してくれる

エアークローゼットは洋服の実寸と登録している体のサイズをもとにアイテムを選んでくれるので、登録しているサイズとタグに表記されているサイズが一致しない場合があります。

例えばこちらのスカート。

airCloset(エアークローゼット)のエアクロサイズで届いた洋服の写真

普段は38が届きますが、このスカートはサイズ40が届き、ちょうどよく着用することができました。

逆に、普段はMサイズなのにSサイズが届いたこともあります。

実寸サイズで選んでくれるので、利用者が正しいサイズを登録さえしておけば、ぴったりサイズの洋服を楽しむことができます。

 

【エアークローゼットのサイズについて追記】

2019年冬より「プラスサイズプラン」がスタート。

大きめサイズ(L・2L・3L)に対応してくれるので、より多くの女性にとって便利なエアクロに進化します。

 

エディストクローゼットのサイズはちょっと独特

エディストクローゼットで用意されている洋服は

  • Sサイズ
  • Mサイズ
  • フリーサイズ

の3つです。

tomo
じゃあ、私は普段からMサイズが多いから、Mサイズだね

hana
それが、単純にそうとも行かないのがエディクロサイズの難しいところなのよね
もしかしたらtomoはSサイズでもいいかも

 

エディストクローゼットの洋服はすべてオリジナルデザインでしたよね。

ということは、サイズ展開もエディクロオリジナルなので

  • Sサイズ=S~Mのサイズ感
  • Mサイズ=M~Lのサイズ感

となっています。

より多くの女性に楽しんでもらいたいというエディクロの配慮ではあるのですが、これが逆にサイズ選びを難しくしている気も正直しないでもありません。。

 

tomoさんの場合、SサイズでもいけるMサイズなので、もしかしてエディクロのSサイズの方が合うのではないか?ということなんです。

管理人hanaは常にMサイズを着用しているので、エディストクローゼットでもMサイズで問題ありません。

hana
洋服のサイズ面で考えれば、細かい配慮があるエアークローゼットの方がより便利だと言えるかな

 

ただ、エディストクローゼットは最初は探り探りだったとしても、自分に合うサイズが分かればその後は問題なく活用できます。

自分に合うサイズがあるのかどうか不安な方は、最初はトライアルプランなどでサイズ感を見てみるのも良いかもしれません。

エアークローゼットとエディストクローゼットのレンタルできるアイテムの比較。どっちが便利?

両社とも基本的には日常の洋服をレンタルできるサービスですが、実はそれ以外にもレンタルできるアイテムがそれぞれあるんです。

続けて確認していきましょう。

 

エアクロとエディクロの洋服以外のアイテム

表が見切れている場合は左にスクロールしてください

エアークローゼット エディストクローゼット
  • 洋服
  • アクセサリー(別途料金必要)
  • 洋服
  • アクセサリー
  • バッグ
  • ブランドバッグ(別途料金必要)
  • コート(別途料金必要)
  • スーツセット(別途料金必要)

 

エアークローゼットのアクセサリーはコーデ済み

エアークローゼットは、以前は洋服のみでしたが、アクセサリーも一緒にレンタルできるようになりました。

アクセサリーオプションとは?

アクセサリーオプションを選択すると、「1箱3着」でコーディネートされたお洋服に合わせたアクセサリー1点を追加して受け取ることができるようになります。(お届け内容:お洋服3着1セット+アクセサリー1点)

※アクセサリーは、お洋服アイテムと同様に、オフィスやオフの日にご利用いただける物を中心に取り扱っておりますため、冠婚葬祭等、フォーマルな用途に限定したアイテム選定のリクエストには対応しておりません。
【料金】
1配送につき1,000円(税抜)
※オプションを解除されない限り、毎回の配送にオプションが適用され料金が発生します。

【公式】エアークローゼットのアクセサリーオプションについて

アクセサリーのレンタルは、月額料金と別に1000円が必要にはなりますが、洋服に合わせてアクセサリーを選んでくれるので、届いてすぐに洋服とアクセサリーセットで使うことができます。

シンプルな洋服でもアクセ一つでイメージが変わるので、便利なオプションですよね。

 

エディストクローゼットは案外幅広くレンタルできる

レンタでルできるアイテムの多さで言えばエディストクローゼットの方が優勢です。

コートやスーツに関しては、コートであれば冬、スーツセットであれば入園式や卒園式、入学式や卒業式に時期に登場します。

別途料金はかかるものの、コート、スーツ、ブランドバッグが一つのサービスの中で借りられるというのは便利なシステムだと思います。

また、シーズンによって変わってくると思いますが、カスタムセットを利用することで、アクセサリーやバッグを月額料金のみで借りることもできます。

 

hana
レンタルできるアイテム数では、エディストクローゼットが優勢!

エアークローゼットとエディストクローゼットの共通点と違う点

上記で挙げた以外の両社の共通点と違う点を1つずつあげていきます。

小さいことから大事なことまでお伝えしますね

エアクロとエディクロの共通点

  • 新品の洋服もあればそうでない洋服もある
  • 自分で洗濯しても良い(しなくても良い)
  • 返却時にクリーニングしなくても良い

 

エアクロとエディクロの違う点

  • エアークローゼットは気に入った洋服をそのまま買い取れるが、エディストクローゼットはそのまま買い取ることはできない

tomo
え、じゃあ、エディストクローゼットは借りた洋服が気に入っても自分の物にできないわけ??

hana
ううん、そんなことないよ
実はそのまま買い取ることはできないけど、購入することはできるの

 

くわしくお話していきますね。

エディストクローゼットのWEBストア

エディストクローゼットにはレンタルで扱っている洋服を購入することができるWEBストアがあります。

貯まったポイントも使えますし、時折セールも開催されるのでお得にエディクロの洋服を購入することができます。

このウェブストアで買える洋服は全部新品なので、安心ですね。

ただし、送料が500円(税抜)かかるので、エアークローゼットのようにそのまま手元にある洋服をお安く買い取れるシステムになると、もっと便利かな~と個人的には感じています。

 

【2019.11追記】エディクロも買取が可能に!

ついにEDIS.CLOSETLOSET,エディストクローゼットもレンタルしている洋服を買いとることができるようになりました。

今のところ、買取ができる対象者が下記の通り限定されています。

対象

下記どちらかに該当するお客様が対象となります
・プラチナプランご利用中のお客様
・2016年12月までにご利用開始いただき、現在も継続してご利用中のお客様(利用プラン問わず)

買取りができるようになったことで、よりエディクロの洋服を楽しめるようになりますね。

くわしくは公式のお知らせページでご確認ください。

【エディストクローゼット公式】 レンタル商品買取サービス開始のお知らせ

 

40代にはエアークローゼットとエディストクローゼットどちらがおすすめ?

tomo
結局40代の私達世代にはどっちのサービスが向いてるんだろ?

hana
正直、どちらかを決めるのはすごく難しい。
でも強いて言うなら、エディストクローゼットの方が40代におすすめかな

理由などくわしくお話してみますね。

 

エディストクローゼットの方がより40代におすすめな理由

「しいて40歳にオススメするとしたら、エディストクローゼット」とお伝えした理由はこの3つにあります。

  • ラインナップの中に40代にはこれは厳しいだろうという洋服が一枚もない
  • 月に1回の返却と、受け取りだけでオッケーなので、多忙な人でも負担になりにくい
  • 体型を綺麗に見せてくれるようなデザインにこだわっている

華やかさはあるけど、落ち着いた洋服が多いのでアラフォーや40代でも抵抗なく着用できると思います。

 

エアークローゼットももちろん40代におすすめできる

もちろん、エアークローゼットも40代でも使えます。

むしろ40代の私は長く利用していますし、おすすめしたい気持ちは変わりありません。

ただ、エアークローゼットは人に選んでもらうシステムゆえに、たま~に「え、これ40代の私が着てもいいの??」と思うような洋服が届くこともあるんです。

例えば、この白いブラウス。

airCloset(エアークローゼット)から届いた40代にはどうなの?と思ったブラウスの写真

hana
可愛いんですけど、自分には甘すぎかな・・

 

ただ、洋服の趣味や生活スタイルなどによってどちらが向いているか変わってくるので、正直判断が難しいところではありますね。

 

最終的にエアークローゼットとエディストクローゼットどっちがおすすめ?どっちが向いてる?

管理人hanaは、2019年7月現在、エアクロもエディクロも両方利用しています。

お金に余裕があるから・・なんてことは決して無く「どちらのしようか決めかねているから」。

それほど、両社のサービスにはそれぞれの魅力があります。

どちらも利用してみて感じる“それぞれのサービスがどんな人におすすめか?どんな人に向いているか”についてお話してみますね。

エアークローゼットが向いている人

  • 自分で洋服を探したり買ったりするのが面倒な人
  • 「何を着てよいかわからない」ファッション難民
  • ファッションにはチャレンジ精神も必要だと思う人
  • 月に3~4着じゃ足りない!という人

hana
やはりエアークローゼットの強みは、プロのスタイリストが自分のためだけに洋服を選んでくれるということ!

 

自分はリクエストさえすれば、プロが洋服を選んで届けてくれます。

この手軽さはエアクロの最強のウリですね。

 

エディストクローゼットが向いている人

  • 洋服にはチャレンジより安定を求めたい人
  • 確実に使える4着があれば十分だという人
  • 自分で洋服を選びたい人
  • 他には無いオリジナルブランドが魅力的に思える人

hana
エディクロは最終的には自分で選べるので、失敗が少ないので安定感という面で言えば、断トツ!

 

4枚セットを選んでもよいし、1枚ずつ選んでもいいし、自分の趣味をより反映しやすいという面がエディクロのウリだと思います。

オリジナルデザインというのも魅力ですね。

ファッションレンタル自体が向いている人

  • 洋服の購入に月々1万円前後は使う人
  • 手持ちの洋服を増やしたくない人
  • 自分でコーデを考えたりするのが面倒な人

hana
月額料金は決して安くないけど、案外、ファッションレンタルってお得なんだよ~

 

例えば、プチプラな洋服を上手に購入してオシャレを楽しめる人っていますよね。

そういう女性は、レンタルなんかより購入の方がお得になるかもしれません。

でも、月々、結構な洋服を買っちゃう人や、なんか自分が選んだ洋服ではオシャレになれない・・という人にとっては、ファションレンタルは『時短』と『節約』と『オシャレ』の大きな味方になってくれると思います。

【まとめ】エアークローゼットとエディストクローゼットを徹底比較

tomo
どちらのサービスも便利で優秀だから、hanaが迷う気持ちがわかったよ(笑)

hana
よかった~
迷っている人に「こっちがおすすめ!」って伝えたいけど、そんな無責任なこと私は言えない・・

 

両社のサービスは、システムも洋服も魅力もまったく違います。

私は最終的に、順番に利用しようかな、と思っています。

例えば、エディストクローゼットを3か月使ったら休止して、エアークローゼットを3か月使う・・という感じで。

気軽に休止や再開ができるのも良いところですし。

 

いずれのサービスも気になっている方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

エアークローゼットはこちらから▼

airCloset公式サイト

 

エディストクローゼットはこちらから▼

EDIST.CLOSET公式サイト

おすすめの記事